東京ゲームバーはゲーム好きの方が第2の家として、格安&ソフトドリンク飲み放題でゆっくり遊べる東京秋葉原のゲームバーです。■ゲームユーザーの増加、ゲームコミュニティの形成に寄与するお店を目指します。お気軽にご来店下さい。

ボードゲーム Pareade パレードの紹介

   

奇妙で華やかな仮装パレードが「不思議の国」で始まりました。
ですが、まだまだ参加者が足りません。
あなたはパレードの主催者の1人です。
どんどん人を呼び込みましょう。
けれど、困ったことにわがままな参加者たちは、しばらくするとパレードに退屈してきます。
そして同じ格好をした人や自分より格上の人が加わると、機嫌を損ねてパレードから抜け出し、主催者であるあなたのもとへ文句を言いにやってくるのです……。

「不思議の国」が舞台の、こちらのかわいいボードゲーム!
パッケージも可愛いですが中身のカードも、もちろん可愛いです( ∩ˇωˇ∩)♪

■入っている内容

・カード66枚(6色×11枚 0~10が各1枚ずつ)
・点数計算表
・ルール説明書

このゲームは引き取ったカードが全てマイナス点になってしまいます。
うまくプレイして出来るだけカードを引き取らないように進めていきましょう^^

■準備

まずはジャンケンなどでスタートプレイヤーを決め、
時計回りの順に手番を行っていきます。
スタートプレイヤーがすべてのカードをよくシャッフルして、各プレイヤーに伏せたまま5枚ずつ配ります。(手札)
残りのカードは(山札)になりますのでひとまとめにしてテーブル上に置いて下さい。
次に山札の1番上からカードを6枚めくり、表向きにして画像のように横一列に並べます。
この列を(場札)と呼びます。
場札の列の前後を決めるために、先頭には山札を置くようにすると分かりやすいです(*˘︶˘*)山札を置いてない方が場札の最後尾となります。

■プレイの流れ、詳細

1、手札からカードを1枚選び、場札の最後尾に表向きで置きます。
2、必要ならカードの処理を行う。条件に合った場札を手元に持ってくる。
最後尾に置いたカードによって処理が必要になります。
場札の枚数がプレイしたカードの数値より多ければ、場札の最後尾から数値分の枚数を数え、プレイしたカードの数値を超えている分を「退屈状態に入った」と呼び
その中から以下の条件を満たしているカードを全て引き取ることになります。
条件①プレイしたカードと同じ色のカード
条件②プレイしたカードの数値以下のカード


この画像の場合は、青い(2)のカードをプレイしているので黄(0)と赤(3)は対象外になります。
退屈状態にある条件①を満たしているカードは青(10)と青(5)なので引き取ります。
条件②を満たしている数値2以下のカードは無いので引き取るものはありません。

引き取ったカードは、自分の前に色ごとに分けて表向きに並べます。
その際、数値、枚数が分かるように少しカードをずらして重ねてください。

3、手番の最後に山札の上から1枚補充をして、手札が5枚になるようにします。

■ゲーム終了条件

1、誰か1人のプレイヤーが自分の前に6色目になるカードを引き取って置いた場合。
6色目を引き取ったら、そのプレイヤーは通常どおり山札から1枚補充をして手番を終えます。そのプレイヤーを含め残り1周します。
次のプレイヤーからはカードの補充をせずにプレイを続けます。
6色目を最初に置いたプレイヤーの手番が終了したら、ゲーム終了となり
この時点で全プレイヤーの手札は4枚になっています。

2、山札がなくなった場合。
山札が無くなった場合も、1番と同じく残り1周をして全プレイヤーの手札が4枚になり、ゲーム終了です。

上記のどちらかでゲーム終了となります。

■点数計算

ゲーム終了時、手札に残った4枚のカードから2枚のカードを伏せたまま捨て札にします。
手札に残った2枚のカードを自分の前に並べているカードに追加します。
自分の前にあるカードが点数計算の対象になり全てマイナス点です。
テーブルに残っている、手札(捨て札2枚)、場札、山札は対象外なので使いません。

1、色ごとにカード枚数が一番多いプレイヤーはそのカードの枚数がマイナス点になり
数値は無視されます。一番多いプレイヤーが複数いる場合は、それらのプレイヤー全員が
同じく自分の前にあるその色のカードの枚数がマイナス点です。

2、一番枚数の多いプレイヤー以外で、その色のカードを並べていた場合、
そのカードの数値の合計がマイナス点です。

各プレイヤーは各色のカードのマイナス点を計算し、そのマイナス合計が少なかったプレイヤーが勝ちです。

上記の画像だと
■手前のプレイヤー点数
みどり 6点
むらさき 1点
合計7点
■上左のプレイヤー点数
みどり 0点
むらさき 1点
あか 3点
きいろ 2点
合計6点
■上右のプレイヤー点数
みどり 2点
むらさき 1点
あか 10点
きいろ 2点
あお 2点
くろ 4点
合計21点

上左のプレイヤーのマイナス点数が一番低い6点なので勝ちとなります。
手前プレイヤーのようにカードが2枚しかなくても負けてしまいます(´・ω・`)
ちなみに私が手前プレイヤーでした(笑)
負けるなんて…くやしい!
みなさんもゲームバーにきて是非プレイしてみてくださいね(*´∀`)

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


TGBへの最新情報はLINE@・フェイスブック・ツイッターからアップしますので
フォローやいいねをよろしくお願いいたします。
LINE@:『 @fsa1342j 』を友達追加するだけ♪

友だち追加数

FB:https://www.facebook.com/tokyogamebar/
twitter:https://twitter.com/tokyogamebar

TGB
〒101-0032
東京都千代田区岩本町1-4-5 SAKURA'sビル1F
TEL:03-5829-6464
営業時間:●月曜:13:00~23:30
●火水木日:13:00~05:00
●金土、祝日前:13:00~08:00

 - ボードゲーム

チャージ料金1時間500円 ソフトドリンク飲み放題
アルコールALL390円