東京ゲームバーはゲーム好きの方が第2の家として、格安&ソフトドリンク飲み放題でゆっくり遊べる東京秋葉原のゲームバーです。■ゲームユーザーの増加、ゲームコミュニティの形成に寄与するお店を目指します。お気軽にご来店下さい。

ボードゲーム

ボードゲーム
SNSなど、インターネットを使ったコミュニケーションが主流となりつつある現在、リアルに顔を合わせて楽しむことができるボードゲームの価値が見直され、ボードゲームファンが増えてきてます!東京秋葉原にある東京ゲームバーでも少しずつですが店内でボードゲームを楽しまれるお客様が増えてきました♪

ボードゲームとゲームバーは相性が良い!?

友人や知人で遊んでいる人がいなくても、ゲームバーなどを利用して楽しんでいる人も最近は増えてきました。ゲームバーという環境だと初対面同士でも一緒にこれやってみませんか?と気軽に一緒に盛り上がれるのが魅力です。そうですボードゲームとゲームバーは非常に相性がいいんです。新しいボードゲームを仕入れておけば、知人同士のパーティなどでも楽しみを提供する側になることもできます。

そもそもボードゲームとは、盤上にコマやカードを置き、それを動かしたり取り除いたりして遊ぶゲームのことです。その起源は紀元前間で遡るともいわれており、古代エジプト時代には既に存在していたと考えられています。最近ではカードを使ってやり取りをするゲームも人気となってます。

ボードゲームの種類について

ではボードゲームにはどんなものかあるのでしょうか?
ボードゲームには沢山の種類があり、それぞれに特徴があるので、明確に全ての種類を分類することは難しいです。

その中でも比較的分類しやすいのが、競争ゲーム戦争ゲーム、そして最近流行している正体隠匿のボードゲームです。

競争ゲーム

ウミガメの島競争ゲームとは、レースゲームとも呼ばれ、ダイスを使うなどして動きを決め、ゴールを目指すタイプのゲームです。すごろくや人生ゲームなどがこれにあたります。ダイスによる偶然性と、ルートなどを考える戦略性が重要になってきます。ドイツ生まれの「ウミガメの島」は、ダイスを振る回数を考えながら進める奥深いすごろくゲームになっています。「海底探索」もダイスを使うゲーム。マスを進みながら、誰よりも多くの宝物を集めることを目指します。

戦争ゲーム

ガイスター戦争ゲームとは、お互いの陣営に分かれ、相手の駒を奪い合うゲームのことです。将棋やチェスなどが当てはまります。「ガイスター」は30年以上の歴史を持つ人気ゲームです。コマの中に取っていいものと取ってはいけないものがあり、ルールは簡単ながら相手をひっかける心理テクニックが重要なカギになっているゲームです。

正体隠匿のボードゲーム

人狼ゲームそして最近ひそかに流行しているのが、正体隠匿のボードゲームです。巷で有名な「人狼ゲーム」をはじめ、「犯人は踊る」、「お邪魔者」などいろいろな種類、ルールが存在します。正体隠匿のボードゲームでは、最初にカード配布によって役割が決定されます。お互いの役割を隠しながら探すべき相手を探し当てる、あるいは逃げ切ることを目的とします。

近年この正体秘匿ゲームが人気を集めている秘密は、実際に人と合って遊ぶ面白さが再発見されているからです。

ボードゲームの中にはインターネットを通じて遊べるものがあり、「人狼ゲーム」もその一つです。しかしネット上ではなく実際リアルに顔を合わせて遊ぶと、声色の変化や表情と言った、ネット上ではそぎ落とされる要素が、重要な判断要素になります。ネット文化が浸透してきたからこそ、アナログの面白さに再度惹かれている人が多いとも言えるのではないでしょうか。
その他、イラストと言葉でつなげていく「テレストレーション」や、漫画のコマを使ったかるたベースのゲーム「ヒットマンガ」など、他にはない魅力を持ったボードゲームも数多く存在しています。

この記事を読まれた方へ!ようこそボードゲームの世界へ!
ゲームバー東京を案内役にして、仲間や家族と一緒に、是非ボードゲームの世界に触れてみてはいかがでしょうか?

東京でボードゲームオフ会は

ボードゲーム記事一覧

03
 投稿日:2016年12月4日

東京ゲームバーでは、ユーザー主催イベントとして、12月30日に「ボードゲームオフ …

続きを読む...
ガイスター
 投稿日:2016年11月14日

ボードゲームと言うと何となく古臭そうな感じやめんどくさそう、種類も少ないようなイ …

続きを読む...
01
 投稿日:2016年10月18日

東京ゲームバーでは、ユーザー主催イベントとして、毎週月曜日に「ボードゲームオフ会 …

続きを読む...
電話でのお問合せ
メールでのお問合せ
大阪でボドゲを楽しむなら